相手の意図を読む

面接において大切なのは、「いかに自分が相手企業の求める人材であるか」をアピールすること。

電話で問い合わせるところから始まっている

そしてこれは、面接を受ける前から始まっています。
転職のために目的の企業とコンタクトを取るときはまず、電話などで問い合わせをするでしょう。

場合によっては、この時の電話で断られてしまうケースもあります。

大手企業などでは事務的な受け付けのみ、ということもありますが、直接人事担当が電話口に出た場合などは、この電話があなたの「第一印象」になってしまうのです。
そして、この時点ではまだ、お互いのことを全く知らない状況。

つまりこの時には、相手に悪印象を持たれないような対応をすることが重要になります。
人事担当者の印象に残したい、目立ちたい、という気持ちから、この電話で話し過ぎてしまうことは、イメージダウンの危険性があります。

ここでの目的は、あくまでも相手が募集している人材に適した人物であることと、転職希望者であることを伝えることです。

履歴書について

そして、次に履歴書を書いて送ることになりますが、ここで初めて、自分の能力を具体的にアピールすることになります。
よく、できるだけ多くのアピールをした方が良いと考え、小さな文字でびっしりと履歴書を埋める人や、職務経歴書の枚数がやたらと多い人がいますが、これらは多ければ良いというものでもありません。

自分の持っている多くの経歴や能力の中から、相手が求めているであろうことをピックアップし、それについて詳しく書くことが大切になります。
相手が何を求めているのかは、募集されている職種や、相手企業のWebサイトなどから予測できるでしょう。

いくら経歴が長いからといえ、まったく別の業種や業界での成果を長々と書いても意味がありません。

他業種の経験を書く場合には、それが応募先企業の仕事にどのようにつながっていくかを明確にする必要があるでしょう。

適格なアピールを

そして、このことは面接においても同様です。
直接顔を合わせる面接では、書類以上に相手の求めることは読み取りやすくなるでしょう。
その部分について自分がどのような成果を出してきたのか、どのようなことで会社に貢献することができるのかを伝えることで、的確に自分をアピールすることができるのです。

転職活動は、最終的には人と人とのコミュニケーションによって結果が決まります。

そのため、独りよがりではない、相手の感情を考えた戦略的な自己アピールが大切になるのです。