面接について

a0008_001843高校や大学の「就職指導」の中でもよく言われることですが、「入りたい」と思った企業に入ることができるかどうかは「面接にかかっている」と言っても過言ではありません。

企業によって、どんな就職試験の方法を実践しているかは異なりますが、
面接がとても大きなハードルになることは間違いありません。

企業の試験を受ける人は、学歴や経歴は似たような人材が集まるでしょう。
そこで差が無ければ、実際に会ってみて「この人なら」と思う人を採用するのは当たり前。
だからこそ、面接が重要視されるのです。

面接に関する誤解

面接については誤解も多いです。
企業の面接では、事前に暗記してきたことをスラスラ言ったからと言って合格はできません。

よく、面接のマニュアルを見て考えた文章をいう人がいますが、そういうのは面接官にアッサリ見破られます。

相手は何人もの人を見てきたプロですので、そういう小手先の技術は通用しないと思ってください。

面接とは、相手の話を聞いて、自分の言葉で答えを返していくものではありませんか?
事前に「こういうことを聞かれたら、こういう風に返そう」と思っていたところで相手が変化球を投げてきたら終わりです。

面接で答える内容を暗記するだけだと、変わったことを聞かれた時に
何も答えることができなくなってしまうでしょう。

面接の心得はコミュニケーションにあり。
そう、面接官とコミュニケーションをとり、その時に聞かれたことをしっかりと答えられるかどうかが重要になるのです。

企業研究が大切

まずは企業をしっかりと研究すること。
入りたいと思っている企業がどんなところなのかを調べれば、
面接の時に何を聞かれても「何を答えるべきなのか」が解るでしょう。

まずは、その企業についてしっかりと調べ、自分がどう働きたいのかを考えることです。
その企業で自分がどう働きたいのか、どういう仕事がしたいのか、それを企業理念や働き方の傾向に当てはめ、シミュレーションをすること。

それをしていけば、企業が求める人材になるにはどう努力すれば良いかも解ります。

転職する時に、「大企業だから」という理由で、何でもかんでも飛びつく人がいます。
そういう人は、ろくに企業研究をしないでマニュアルばかりに頼ってしまいがち。
マニュアルに頼るのではなく、自力で努力をして面接を乗り越える根性がある人手なければ、就職試験に合格することは難しいと考えて下さい。

面接で大切なこと

面接試験で良い印象を持ってもらうには、
「自分はこんなに企業について調べ、この企業で働くことについてシミュレーションもしている」ということを見てもらうこと。
自分の情熱が伝わるような答えを返すことです。

面接において重要なことは多々あります。一度目を通してみてはいかがでしょうか。

面接時の身だしなみ
相手の意図を読む
面接で萎縮してはいけない
企業の雰囲気をチェック
やってはいけない面接での行動
面接記録をつけよう