転職を成功させたいなら、まずは「未来の自分」について考えることが大切です。

もっと良い自分に

「転職したい」と考えた理由にはたくさんのものがあるでしょう。

しかし、共通しているのは「転職と言うのは、その状況から逃げる為に行うものではなく自分の理想とする未来を実現する為にするものである」と言うこと。
転職をすることは決して逃げではありません。

「もっと良い自分になりたい」という気持ちを実現させる為にするものです。

転職しようと仕事を探している人を見ると、「とにかく今の環境から逃げたい」という気持ちが
先行してしまっていて、先のことは「何とかなるさ」くらいにしか考えていないことがあります。

ここが大きな間違いなのです。
「何とかなる」のではなく「何とかする」という気持ちを持つことが大事。
そして、仕事をやめる前に「どういう自分になりたくて転職をするのか」について
考えることはもっと大切なことです。

例えば、今の職場で「上司とそりが合わない」と悩み、転職を考えたとしましょう。
転職する時は、「その上司から逃げたいから会社を辞める」というのではなく「もっと自分に合った環境を見つけ、働きたい」という前向きな姿勢が重要です。

「○○が嫌だから、逃げるために辞めた」という姿勢のままで転職先を探してもまず転職を成功させることは難しいでしょう。

「逃げたい」という気持ちがあるのは仕方がありません。
でも、そればかりじゃなく
「自分はもっと頑張ることができるそういう能力を認めてくれる人と仕事がしたいんだ」
という、前向きな気持ちを持つことが重要なのです。

どこかに前向きな気持ちが無ければ、転職は絶対に成功させることができません。
なぜなら、そういう姿勢というのは次の会社に伝わるからです。

面接官はプロですので、その人がどういう理由で仕事を辞めたのか・・・というところまで見抜きます。
そして、マイナスなことばかり考えている人というのは、
その姿勢が面接態度に出てしまうことも少なくありません。

「逃げる」ではなく「生まれ変わる」

「逃げたい」という気持ちがあることは仕方がありません。
だけど、そればかりではなく、「自分は生まれ変わるんだ」という気持ちを持つこと。

「自分はもっとできる」という自信をもち、前向きな気持ちで会社を出られる様に
気持ちを切り替えていく努力も必要です。

自分に自信を持ちましょう。
今の状況から逃げるのではなく、前進するために転職するのだと考えれば
きっと大きな成功をつかむことができるはずです。