転職理由を調べてみました

世の中には、転職を成功させて活き活きと働いている人がたくさんいます。
そういう人たちが、「なぜ転職をしたいと思ったのか」ということに興味はありませんか?

「転職したい」と考える時、「じゃあ、転職した人はどうやって転職を成功させたのだろう」
と気になってしまうことがありますよね。

ここで、「転職したいと思った理由」について調べてみました。

転職したいと思った理由

「転職理由」を調べてみると、業界ならではの事情が反映されているなと感じます。
例えば、「メディカル業界」では「会社の将来に対して、不安を感じている人が転職を考えている」ということが解ります。

サイトにも記述されていますが、メディカル業界は勝ち組としてのし上がれる人と、
そうでない人がはっきりと分かれる様になってきています。
勝ち組の人はどんどん出世することできても、その中で勝てない人はどんどん置いていかれてしまう業界。

ずっと勝ち組でいられれば良いですが、そうもいかないということをみんなわかっているので、
それだけに転職を考える人が増えている様です。

小売関係になると、「土日に休むことができない」という理由での転職が増加します。
販売店で働く販売員は、子供が小学生に入るくらいから転職を考え始める人が増えるそう。

幼稚園や保育園の間は、「平日に休みがある方が、お出かけをしても人が少ないから良い」
と考える人が多い様ですが、小学校に入ると子供を平日に休ませることが難しくなりますので
「やはりカレンダーどおりの休みが取れる企業に転職したい」と考える人が増えるそう。

ある程度子供が大きくなると、カレンダーどおりの休みを取ることができた方がありがたい・・・ということなのかもしれません。

この事情と似た様な感じなのが「サービス業」。
こちらも、「カレンダーどおりに休みたい」という人が目立つ他、「残業が多くて辛い」という意見も多い様です。

今は、残業をしても残業代が出ない企業も少なくないので、そのこともネックになっているのかもしれません。
土日祝日関係なく働く人の悩みとして、やはり「人と同じ様に休むことができない」
ということが根本にあるのかもしれませんね。

この様に、各業界によって「転職したい」と考える理由の傾向は様々。
まったく別の業界に転職を考える場合、その業界から転職を考えている人の話を聞いてみると色々と解ることがあるかもしれません。

業界によって働き方が違えば、転職したいという理由もまた様々ということです。