逃げたっていいのです

「働いているうちに、なんとなく会社と合わない部分が出てきた」
「この会社では、自分がやりたいと思っていることを実現することができない」

そんな思いを抱えながら働いている人はいませんか?

会社を辞めることは逃げることなのか

はっきりと「この会社とは合わない」という気持ちを抱えているのに「会社を辞めるのは逃げの様な気がして、できない」などと思っている人はいないでしょうか。

この「会社を辞めるのは、逃げだ」と思うばかりに転職を決断することができない・・・という人も多いのです。

「会社を辞めたいと思うのは、自分が会社に合わせる努力をしていないからだ」などと考えてしまいその発想が「会社を辞めることは逃げである」という発想に繋がってしまうのかもしれません。

けれど、合わない会社で無理して働いていても、辛いだけだと思いませんか?
仮に、その職場に長くいることで会社に慣れたとしても、それで仕事が楽しいでしょうか。

どちらが自分にとって正しいのか

基本的に、仕事は自分で「やりたい!」と思えるものでなければいい結果を出すことはできません。
無理して会社に残って「こんなものだ」と思いながら仕事を続けるか。

転職をしてやりがいのある職場で思い切り働くのか、どちらが幸せに思えるでしょう。
どちらを選ぶかは人によりますが、いずれにせよ「会社を辞めることも、転職することも、逃げではない」ということは確かです。

それでも「逃げ」と言われるなら、会社を辞めることが逃げでも良いのではないでしょうか。
世の中楽しく生きた者が勝ちですので、仮に会社を辞めるときに「逃げ」と言われても
その後の人生で取り返せば良いのです。

転職先の会社でバリバリと働く人を見て、「あの人は会社を辞めて逃げたんだ」と言いますか?

「あの人は、自分の居場所を見つけるために会社をやめたんだ」と評価されるのではないでしょうか。

仕事を辞めることが「逃げ」なのか「そうじゃない」のか。

それはある意味「会社を辞めた後どう生きるか」にかかってきますので、会社を辞める段階で心配することでもないと考えます。

「逃げだ」と思って転職をあきらめるのではなく、「転職して次の職場で結果を出す!」と前向きな気持ちでいた方が、楽しい人生になるのではないでしょうか。

転職に関する考え方は人それぞれ。
実際、若者の就職すら厳しくなっているこの時代に、思う様な転職ができるとも限りません。

でも、それでも「辛い」「辞めたい」と思いながら仕事をするより
自分に合った職場で仕事をする方が、きっと充実した毎日を送れます。

転職を考える場合は、「会社を辞めて逃げるのではないもっと実力を発揮できる場所でやっていくんだ!」という気持ちで臨んでほしいですね。